【上越市のお土産】高橋孫左衛門商店 粟飴 250g

919円(税込)

昭和天皇に好まれた『越後の水飴』

本商品は寛永2年(1625年)創業の老舗、高橋孫左衛門商店謹製。
新潟県産のもち米と国産麦芽で作る水飴です。

砂糖の甘みとは違う、さらりとした上品な甘みが特徴。

そのままお食べいただく以外にも 紅茶など飲み物への砂糖のかわりとして、
また料理への調味料として、自然な甘味をお使いいただけます。

また、粟飴は古くから家庭の療養食として重宝され、湯に溶いた「あめ湯」は疲労回復、
さらに生姜を加えて体を温める飲み物として用いられました。

明治天皇が北陸巡幸の際に粟飴を気に入り、自ら買い上げてお土産にして以降、
皇族になじみ深い飴菓子となったそうです。
昭和天皇が最後の病床で、粟飴所望された話は有名です。


■名称:水飴(粟飴)
■原材料名:もち米(新潟産こがねもち)、麦芽(大麦)
■内容量:250g
■保存方法:直射日光、高温多湿を避け保存
  • 【上越市のお土産】高橋孫左衛門商店 粟飴 250g
  • 【上越市のお土産】高橋孫左衛門商店 粟飴 250g
  • 【上越市のお土産】高橋孫左衛門商店 粟飴 250g
購入数