• ロシアチョコレート マトリョーシカ化粧箱
  • ロシアチョコレート マトリョーシカ化粧箱
  • ロシアチョコレート マトリョーシカ化粧箱
  • ロシアチョコレート マトリョーシカ化粧箱
ロシアチョコレート マトリョーシカ化粧箱
ロシアチョコレート マトリョーシカ化粧箱
ロシアチョコレート マトリョーシカ化粧箱
ロシアチョコレート マトリョーシカ化粧箱

ロシアチョコレート マトリョーシカ化粧箱

1,780円(税込)

購入数

商品説明

■マトリョーシカ化粧箱:赤■
可愛らしくデザインされたマトリョーシカを蓋全面にプリントした、紙製化粧箱。ちょっとした贈り物にどうぞ。

■マトリョーシカ化粧箱:青■
マトリョーシカ化粧箱の新しいデザイン。青を基調に、大人の雰囲気のマトリョーシカ模様紙製化粧箱です。

12個入り
(12種類×1個ずつ)
縦16×横最大9×高さ3.5cm

初代、松村喜代司は昭和2〜3年頃に当時の「モロゾフ」(後のコスモポリタン)で修行し、チョコレートやキャンディー作りの技術を学びました。
 修行を終えた後は、東京のチョコ・キャンディメーカー「タガミ」にてチーフを努める等し、その後独立。
 東京目黒でチョコレートショップ「ローヤルチョコ」を開きました。
 「ローヤルチョコ」では、小規模のプラントでカカオビーンズからチョコレートを製造し、冬期はチョコ、夏期はロシア飴を販売してそれなりに有名になりましたが、昭和20年5月15日の空襲により全てが灰に。その後、知り合いの伝手で新潟に移り住み、この地で菓子店「マツヤ」を開きます。
 新潟に移ってからしばらくは、材量が入手困難なチョコレートではなく和菓子を販売していましたが、追々この地でもチョコレートの原料が手に入るようになり、昭和40年ごろからロシアチョコレートの製造を再開。
 以後、新潟でロシアチョコレートを作り続けました。